プロフィール

天然石専門店 心旅

Author:天然石専門店 心旅
天然石の世界へようこそ。
天然石の専門店をやってます
天然石、パワーストーンに関する基本的な正しい知識覚えて頂けたらと思いまして、これからも皆さんと共に頑張っていきたいとおもいます。


最近の記事


ブロとも申請フォーム


最近のコメント


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カルセドニー・・・玉髄(ぎょくずい) chalcedony
karuse-1.jpg



☆☆☆カルセドニー・・・玉髄(ぎょくずい) chalcedonyの名の由来・伝説・昔話☆☆☆

「カルセドニー」の名称は、ギリシャのカルセドン町に産することから、ギリシャ語の「Chalkedon」がその語源とされています。古代バビロニアでは石印として、古代エジプトではスカラベ型の石印などとして利用されていたといわれています。また、古代ローマで青いカルセドニーは「レウカテース」と呼ばれ、月の女神アルテミスに捧げられたといわれています。古くから多くの地域で利用され、ヨーロッパでは古くから悪霊や幻覚を追い払うお守りとされ好まれていたそうです。



☆☆☆カルセドニー・・・玉髄(ぎょくずい) chalcedonyのパワーストーン効果☆☆☆

  人間関係のトラブルにパワーを発揮するといわれています。ギスギスした雰囲気をやわらげ、穏やかで優しいムードを作り出してくれるでしょう。コミュニケーションが上手くとれないとかんじる時におすすめの石です。人間関係に癒しと安定感をもたらしてくれるはずです。穏やかさや寛容さを、身につける者に与え人間関係を円滑にし仕事や家庭、恋愛の場面でよい方向に導いてくれます。


  カルセドニーは思いやりや、共感の気持ちを高めるといわれています。集団に良いパワーを与え、思いやりのある人間関係へと導いてくれるでしょう。結束力や、絆を育みたいときに、おすすめの石です。

 精神的疲労を感じているときに惹かれ魅力を感じるともいわれているのでカルセドニーに何かを感じた時は迷わず身につけることをお勧めします。

・緊張状態を取り除く
・記憶・感情の整理が出来る
・コミュニケーション力を高めてくれる
・思いやりの心を豊かにさせてくれる
・人間関係を円滑にする


☆☆☆カルセドニー・・・玉髄(ぎょくずい) chalcedonyのヒーリング効果☆☆☆

  安眠・気管支・気道・緊張・糖尿・動脈・のど・声のかれ・せき・不眠・平衡感覚・目



☆☆☆カルセドニー・・・玉髄(ぎょくずい) chalcedonyの鉱物豆知識☆☆☆

  玉髄(ぎょくずい、chalcedony、カルセドニー)とは、石英の非常に細かい結晶が網目状に集まり、緻密に固まった鉱物の変種です。美しいものは宝石として扱われてます。

  様々な岩石、特に溶岩の空洞の内面に生成する鉱物で、珪酸を多量に含む溶液が比較的低温で沈殿してできるのが一般的とされています。二酸化珪素の微晶質鉱物の変種で、腎臓状やブドウ状、鍾乳状の塊で産出されます。


  和名では「玉髄」ですが、総称としての「玉髄」と狭義の「玉髄」ではことなります。総称としての「玉髄」は、「アゲート」や「ジャスパー」を含みます。
  狭義としての「玉髄」は、純粋なカルセドニーを意味し、無地のメノウ(縞目や模様がなく、色が比較的一様であり、インクルージョンのないもの)をいう。
  また、カルセドニーの内、赤色のものは「カーネリアン」、緑色のものは「クリソプレーズ」という別名を持っています。

和名: カルセドニー(玉髄) 
モース硬度:6.5-7   
比重 :2.55-2.70
結晶系:六方晶系
色: 白色・灰色・青色・淡褐色・暗褐色・黒色等(条痕は白色)  
成分: SiO2
宝石言葉:達成能力・先見の明・開放・社交性・冒険心・自由・自信・思いやり
かに座(6月22日~7月22日)の星座の方を癒すとされています。


☆☆☆☆カルセドニー・・・玉髄(ぎょくずい) chalcedonyのお手入れ・浄化法☆☆☆

セージでいぶす、クラスターにのせる、水で洗う、月光浴



☆☆☆カルセドニー・・・玉髄(ぎょくずい) chalcedonyのおすすめ商品☆☆☆

canerian.jpg
紅玉髄(べにぎょくずい、カーネリアン): 全体が赤色のもの。


a3.jpg
緑玉髄(りょくぎょくずい、クリソプレーズ) : 緑色のもの。


a1.jpg
瑪瑙(めのう、アゲート) : 石英や蛋白石との縞状模様のもの。


karuse-1.jpg
ブルーカルセドニー(青玉髄) : 愛を育み、人を育み、物事を成長させる力を持っています。

a9.jpg
血石(ブラッドストーン) : 碧玉のうち斑点状に赤色が混じっているもの。

スポンサーサイト

テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル : ファッション・ブランド

プレナイト(葡萄石) Prehnite

purenaito-2.jpg


☆☆☆プレナイト(葡萄石) Prehniteの名の由来・伝説・昔話☆☆☆

  涼しげなマスカット・グリーンの色合い、ぷくぷくと連なったユニークな結晶の形から、日本では「葡萄石(ぶどうせき)」の名前で親しまれています。


☆☆☆プレナイト(葡萄石) Prehniteのパワーストーン効果☆☆☆

  見る者を優しい気持ちにさせてくれる、穏やかな雰囲気のプレナイトですが、「努力・根気」を象徴する芯の強いパワーストーンでもあります。この石を身につけると、意志や信念を持ち続け、物事に対して根気強く取り組む力が身につくと伝えられています。思考力・直感力が高まり、真実を見抜く力を与えてくれるので、氾濫する情報の中から自分に必要な物だけを選び、正しく判断できるように導いてくれるでしょう。諦めず、粘り強く努力を重ね、自分の心と力で納得のいく結果や結論を手にし、目標を達成できるようサポートしてくれます。決断力と積極性を高めてくれるので、周囲に流されやすい、優柔不断だという方には特におすすめです。

  プレナイトに惹かれる人は、今、少しパワーダウンしている時期なのかもしれません。
パワーストーンの中には、生命力を高める石、活動的になる石、強い癒しの石など、様々なものがありますが、強すぎる波動が肌に合わないと感じる時もあるものです。誰かと自分を比べて自信を無くしたり、忙しさやストレスに追われて自分を見失いそうになっていたり、漠然とした不安に心を曇らせていたり…。そんな時は「押し付けがましくなく、そっと優しく背中を押してくれる」プレナイトを身につけてみて下さい。過剰な競争心や焦りを和らげ、心に平安をもたらし、自分らしく自然体でいられるように導いてくれます。

  また、感情のバランスを整え、協調性を養ってくれるので、より良い人間関係を築けるようになるでしょう。

☆こんな方におススメです☆

・首尾一貫した意志を表す
・頭脳を明瞭にし心身のバランスを保つ
・物事の真実を見抜く
・迷いや不安を振り払う
・コミュニケーション能力を高める
・人間関係を円滑にする


☆☆☆プレナイト(葡萄石) Prehniteのヒーリング効果☆☆☆

 持ち主が生まれつき持った、健康の力を、存分に引き出してくれる石だといわれています。

  プレナイトは、自然な健康のすばらしさを、心の底から味わわせてくれる石です。無理なく引き出された健康的な身体は、精神の安定にも役立ってくれることでしょう。



☆☆☆プレナイト(葡萄石) Prehniteの鉱物豆知識☆☆☆

プレナイトは世界中で幅広く採掘される、熱水性の鉱物です。玄武岩の割れ目から、カルサイト(方解石)、アルバイト(曹長石)、エピドート(緑簾石・りょくれんせき)などをともなって採掘されます。

地味な色合いから、ジュエリーとしてはあまり有名ではありませんが、実に個性的で多様な産状と、味わい深いたたずまいで、鉱物コレクターにはたいへん人気があります。カットはせずに、掘り出されたままの自然な姿を愛好する人が多いのも、プレナイトらしい個性といえるでしょう。


和名:  葡萄石(ぶどうせき)
モース硬度:2.8 ~ 3.0  
比重 :6 ~ 6.5
結晶系・斜方晶系
色: (濃淡)緑色 黄色 帯黄緑色
成分: Ca2Al2Si3O10(OH)2



☆☆☆☆プレナイト(葡萄石) Prehniteのお手入れ・浄化法☆☆☆

  クラスターと流水での浄化方法がおススメです。
  流水で丁寧に洗い流した後、月光浴をさせるのもよいでしょう。

  太陽光で褪色する恐れがあります。
  直射日光のあたるような場所での保管は避けましょう。



☆☆☆プレナイト(葡萄石) Prehniteのおすすめ商品☆☆☆


purenaito-1.jpg


プレナイト特集はこちら・・・



ルビー(Ruby)紅玉

愛と勝利をもたらす
情熱的な石
rubi-b.jpg


☆☆☆ルビー(Ruby)紅玉の名の由来・伝説・昔話☆☆☆

  ルビーはまさしく、「赤色の王様」。その名前は、ラテン語の「赤色」に由来します。日本名では「紅玉(こうぎょく)」といいます。

  まさに、その濃厚な赤い色にぴったりと当てはまるような石言葉ですね。小さなその石の中に、燃え上がるような情熱を秘めている。そんなルビーに、昔の人たちも魅了されてやまなかった事でしょう。

  ダイヤモンドが発見されるまで、宝石の女王として君臨していたのだというルビー。

  古代ローマでは、ルビーには軍神マルスが宿ると信じられていました。力と情熱、行動力を高め、危険を知らせてくれるというルビーを、戦場に向かう兵士達はこぞって身に着けたそうです。このことからルビーは「勝利の石」と呼ばれ、勇気や自信を高め、ライバルや困難に打ち勝つパワーがあると伝えられています。恋愛や仕事において勝利をおさめたい時には、ルビーを右側に着けると良いそうです

  ルビーにまつわる伝説や言い伝えは数えきれないほどありますが、中でも有名なのは、ルビーの色が変わり、持ち主に危険を知らせるというお話。英国王ヘンリー八世の妻、キャサリンの持つルビーの色が次第に色あせてゆき、不思議に思っていた矢先、王はアン・ブーリンという女性と再婚を決め、王妃は離婚・監禁されてしまうのです。しかもこの時、カトリックでは離婚が認められていなかったため、ヘンリー八世はこの再婚のためにカトリックから離れ、宗教的にも歴史的にも大きな事件へと発展してしまいました。古来より宝石は、事件やもめごとの場によく登場します。
宝石が人を惑わせたり、争わせるわけではないのでしょうが、とても神秘的であることは確かです。

☆☆☆ルビー(Ruby)紅玉のパワーストーン効果☆☆☆

  赤という色は強いエネルギーを表し、情熱や行動力を高めてくれるといわれています。

  ルビーは赤い石の代表格、宝石の女王とも呼ばれています。「情熱・生命・愛情」を象徴し、古来より勝利や豊穣を願って、または愛の贈り物として身につけられていました。燃えるような赤色には不滅の炎が宿るとされ、健康や富を守護し、満ちたりた気持ちと深い愛情に恵まれるパワーを与えてくれるでしょう。恋の成就を願う人にもおすすめです

  ルビーはその昔、王侯貴族だけが身につけられる、高価で特別な宝石でした。そのためか、「情熱的」とひとことで言っても、なりふり構わないような強さではなく、気品と優雅さを兼ね備えたような風格があります。この石を身につけると美しさを引き出し、魅力的に見せてくれると言い伝えられています。

  燃えるような真紅の色をしたルビーの効果は、あらゆる危険や災難から持ち主の身を守り、不屈の精神をはぐくみ、戦いを勝利に導いてくれるといわれています。いつもライバルに先を越されてしまう人、トラブルに巻き込まれやすい人、恋の成就を願う人、試験にのぞむ人は、ぜひルビーを身につけてみてください。自信と勇気を高め、あらゆる困難を乗り切って成功へと導いてくれるでしょう

  また、持ち主が経験した数多くの体験や知識を十分に発揮できるよう、集中力や精神力を高め、物事を成功へと導くパワーストーンともいわれています。乗り越えられそうにない困難に直面したとき、過酷な状況をクリアするための底力を発揮させてくれるでしょう。


こんな時・人におすすめ
○ 仕事で成功をおさめたい
○ 就職や試験で実力を発揮したい
○ いつもライバルに先を越されてしまう
○ 災難から身を守るお守り石が欲しい
○ 好きな人に自然にアプローチしたい
○ 大切な人との変わらない愛を願う
○ 女性としての魅力をUPさせたい
○ 受験、試験で勝利したい
○ 会議や商談を有利に運びたい
○ 運命の人と出会いたい
○ 不屈の精神を育みたい


☆☆☆ルビー(Ruby)紅玉のヒーリング効果☆☆☆

血液・血管・血栓・血糖・衰弱・生理痛・さしこむ痛み・皮下脂肪・極度の疲労・貧血・リンパ



☆☆☆ルビー(Ruby)紅玉の鉱物豆知識☆☆☆

  コランダム(鋼玉)という鉱物の一種で、赤色の石を「ルビー」といい、青色の石を「サファイア」と呼びます。
クロム(Cr)によって赤く発色するといわれており、その色が鮮やかで美しいほど宝石としての価値が高くつけられています。


和名:  紅玉
モース硬度:9  
比重 :3.9 ~ 4.0
結晶系・六方晶系(三方晶系)
色: 赤色 帯紫赤色
成分: Al2O2
主な産地:ミャンマー、タイ
宝石言葉:愛の炎・感受性・生命力・エネルギー・活力・努力・抵抗力・色気・豊かな感受性

7月の誕生石(守護石)です。また、おひつじ座(3月21日~4月20日)・さそり座(10月23日~11月21日)の星座の方を癒すとされているのがルビーです。


☆☆☆☆ルビー(Ruby)紅玉のお手入れ・浄化法☆☆☆

月,水晶クラスター,セージ


☆☆☆ルビー(Ruby)紅玉のおすすめ商品☆☆☆

ルビー(紅玉)特集はこちら・・・

rubi-a.jpg


ルビー(紅玉)特集はこちら・・・



テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル : ファッション・ブランド

恋人到来の予感

クンツァイトKunzite(シリア輝石)

kc1.jpg

☆☆☆クンツァイトKunzite(シリア輝石)の名の由来・伝説・昔話☆☆☆


  透明感のある、ロマンティックな紫を帯びたピンク色が魅力の、クンツァイトの石言葉は、「恋人到来の予感」です。
  鉱物スポデュメンの一種である、ライラックピンク色のクンツァイトは、発見者であるクンツ博士に由来して、その名が付けられたと言われています。スポデュメンとはギリシャ語で「燃えて灰になる」を意味しています。



☆☆☆クンツァイトKunzite(シリア輝石)のパワーストーン効果☆☆☆

「恋人到来の予感」という石言葉を持つクンツァイトは、「恋愛の石」を代表するパワーストーンのひとつです。
純真な愛情の深さも教えてくれます。辛い失恋の痛みをやわらげ、その思い出のすばらしさにも気づかせてくれma
す。
また、クンツァイトは「春の到来」を象徴する石でもあります。植物のつぼみがふくらんで、いっせいに花開く季節の石。それは新しい恋の到来の季節なのです。


無限の愛と純粋性を象徴するクンツァイトは、愛を与える喜びを感じさせてくれるパワーストーンです。
「愛」と一言でいってもその形は様々ですが、この石が象徴する「純粋な愛」は、魂の中核にある、本能に近いものです。

クンツァイトの上品なライラックピンクの色合いは、見る者の心を癒し、和らげてくれ,広く大きな愛と思いやりを心に抱き、寛容で慈悲深く、豊かで成熟した精神を育んでくれます。自分勝手な愛情の押し付けではなく、周囲の人をほんわかと温かな気持ちにさせてくれるような愛そのものの存在へと変化し、他人と気持ちを分かち合う素晴らしさを教えてくれる事でしょう。
日常の不満ばかりが目につく、周囲の人に対して批判的になってしまう、心の中に悪感情が渦巻いてしまう、というような時には、ぜひこの石を身につけてみて下さい。この石の波動は、全てを愛と平和に満ち溢れたものへと浄化してくれると伝えられています。劣等感や心のささくれを取り去り、感情を安定させてストレスを緩和してくれるでしょう。

クンツァイトに惹かれる人は、自分をもっと良く知りたい、そして自分自身を愛し、自分も他人も大切にできるような、成熟した自分になりたいと願っているのではないでしょうか。
クンツァイトは、心の中の愛と平和を呼び覚ますといわれています。そのあまりにも優しい波動に触れた時、内側から何かが溢れて、思わず涙を流す人もいるそうです。
クンツァイトの温かなエナジーに心を合わせて、自分と周囲の人を愛し、その気持ちを素直に表に出せば、巡りめぐって、いつしか周囲の人から愛される存在になるということを教えてくれるでしょう。


☆☆☆クンツァイトKunzite(シリア輝石)のヒーリング効果☆☆☆

  無限の愛の力と、自然の恵みのパワーを持つ、クンツァイトには、感情のバランスを保つ力があります。そのエネルギーは、循環器に作用するといわれ、心臓、動脈など、血管の強化をうながし、すみずみにまで、新鮮な酸素を送りこむパワーがあるといわれています。
  手足のむくみ、たちくらみ、貧血、肩こり、腰痛などは、体内にマイナスのエネルギーを溜めているために起こります。クンツァイトはそのわだかまりをやわらかくほぐして、魅力的な身体を作ってくれるといわれています。


こんな時・人におすすめ
○ 愛し愛される人間になりたい
○ 何をしても満たされないと感じる
○ 人と仲直りをしたい
○ 過去の恋愛の傷を癒したい
○ 新しい恋にチャレンジしたい
○ 周囲に批判的になってしまう
○ 頑張り過ぎて疲れてしまう
○ 人に甘えることができない
○ ネガティブな考えに陥りやすい
○ いつまでも若々しくありたい
○ 忙しい毎日をおくっている
○ 電磁波を遮断したい



☆☆☆クンツァイトKunzite(シリア輝石)の鉱物豆知識☆☆☆

  クンツァイトは、スポジューメンという鉱物の一種で、透明な宝石質、かつ、紫からピンクの色合いのものをいいます。スポジューメンは本来、灰色で艶のない不透明な結晶ですが、19世紀後半から20世紀初頭にかけて、透明な宝石質のものが世界各地で発見されました。
  スポジューメンはもともと資源として採掘されていた鉱石であり、宝石として扱われるような石ではありませんでしたが、世界各地で透明な宝石質のものが発見され、紫からピンクの色合いのものは「クンツァイト」、緑色のものは「ヒデナイト」と呼ばれるようになりました。

和名:  シリア輝石
モース硬度:6.5 ~ 7  
比重 :3.1
結晶系・単斜晶系
色: ピンク色
成分: LiAlSi2O6
主な産地:ブラジル
宝石言葉:恋人到来・純愛・失恋の癒し
4月24日、牡羊座、牡牛座、獅子座、天秤座、蠍座の守護石。


☆☆☆☆クンツァイトKunzite(シリア輝石)のお手入れ・浄化法☆☆☆

月、水晶クラスター、お香、エッセンス


☆☆☆クンツァイトKunzite(シリア輝石)のおすすめ商品☆☆☆

クンツァイト

kc2.jpg


クンツァイト特集はこちら



アメトリン 紫黄水晶 (Ametrine)

ametorin 1

☆☆☆アメトリン紫黄水晶 (Ametrine)の名の由来・伝説・昔話☆☆☆

  アメジスト(紫水晶)、シトリン(黄水晶)が一つの石の中に存在するパワーストーンがアメトリンです。紫色の高貴な輝きと、黄金色の生命力溢れる輝きが同時に楽しめる人気のパワーストーンです。


☆☆☆アメトリン 紫黄水晶 (Ametrine)のパワーストーン効果☆☆☆

 アメトリンは持ち主の隠れた美しさや魅力、才能を引き出す効果があるアメジストにと、シトリンの困難に打ち勝つ強い気質をあわせ持った、まさしく「いいとこ取り」のミックス。誰にでもおすすめできる石です。陰と陽のバランスを保ってくれますので、人間関係や金銭の流れをスムーズにしてくれます。


  隠れた才能を引き出してくれる力があるともいわれ、自分でも気づいていなかった一面や、思いがけない出会いをもたらしてくれるといわれています。精神的、肉体的にもバランスがとれ、自分の望む方向へと導いてくれます。

  また、恋人に贈ると絆を深めてくれるという言い伝えから、贈り物としても高い人気を誇っています。


こんなときに:

・人と人との繋がりを深める
・人生を良い方向に導く
・集中力を高め、物事を考える力を与えてくれる
・ストレスを緩和し、心身に癒しを与える
・心の迷いや不安を振り払ってくれる
・魔よけのお守り



☆☆☆アメトリン 紫黄水晶 (Ametrine)のヒーリング効果☆☆☆

  クリスタルの仲間らしく、強い浄化作用があります。全身のけがれを洗い流して、血液やリンパの流れをよくしてくれますので、病気にかかりにくい、うつくしい身体を作ってくれます。


  非常にバランス感覚のすぐれた石ですので、血圧が高めならば、低く抑えて、低めならば、高めてくれるといったように、バランスの偏った部分を正常に整えてくれるといわれています。


  また、精神が不安定なときにも、すばらしい効果を発揮してくれます。くよくよと落ち込みやすい人におすすめしたい石です。




☆☆☆アメトリン 紫黄水晶 (Ametrine)の鉱物豆知識☆☆☆

  なぜそのような色の組み合わせができるのか??詳しいことはまだわかっていませんが、アメジスト部分とシトリン部分のそれぞれに含まれる、鉄イオンの濃度が異なるからである、と考えられます。

  おそらく、結晶の成長途中で、熱水で加熱されたことと、そこに含まれていた、天然の放射性物質によってアメジストが生まれ、シトリン部分が残ったのは、そこに多く含まれている水分のためでしょう。



和名:  アメトリン(Ametrine)紫黄水晶
モース硬度: 7 
比重 :2.66
結晶系・六方晶系
色: 紫、黄
成分: SiO2
主な産地:ボリビアのアナイ鉱山
宝石言葉:光と影
9月23日の誕生石。



☆☆☆☆アメトリン 紫黄水晶 (Ametrine)のお手入れ・浄化法☆☆☆

  スマッジング(セージ、お香)、月光浴、クリスタルクラスター


☆☆☆アメトリン 紫黄水晶 (Ametrine)のおすすめ商品☆☆☆

ametorin 2


アメトリン特集へ


テーマ : 宝石・天然石・パワーストーン - ジャンル : ファッション・ブランド

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。